のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 学校だより > 地域ふれあいフェスティバル

学校だより

地域ふれあいフェスティバル
2016年11月14日

地域ふれあいフェスティバルがひらかれました

11月13日(日)、九重文化センターで野上小地域ふれあいフェスティバルを開催しました。よい天気に恵まれまわりの木々も色づき、赤や黄色が光りに映えとてもきれいでした。

保護者や家族のみなさんはもちろんのこと地域の方々や卒業生、これまで勤務していた先生方の姿もありたくさんの人々で会場が埋まりました。

とても天気がよい日です。会場の入り口で朝のあいさつです。

 

子どもたちが作成したかるたの原画をエントランスに掲示しました。

今年の「のがみ自慢かるた」です。手に取ってみて下さい。

 

「のがみ自慢大賞」の表彰に引き続き、前半は子どもたちの発表の部でした。

たてわり班群読は5・6年生が下級生をリードして練習をしてきました。今日は「群読大賞」めざして、みんなの大きな声が響き合い重なり合いすばらしい群読となりました。

各学年の発表は合唱や合奏、そして劇の発表でした。それぞれの学年のこれまでの練習の成果が出せたのではないでしょうか。かわいらしい発表に笑いをさそい、真剣な訴えに涙をさそい、子どもたちの真剣な姿に会場からたくさんの拍手をいただきました。すべてを出しきった満足そうな子どもたちの表情が印象的でした。

のがみ自慢大賞受賞の13名です。五七五の文字の中にのがみの魅力を織り込むことができました。

たてわり班群読の様子です。「はなのみち」「ひなたぼっこ」「かんがえごと」「せみのなつ」……どれも見事!拍手!

3・4年生合唱「この星に生まれて」……とても柔らかいハーモニーが会場に響きわたりました。

3,4年生合奏「カントリーロード」……教育文化祭の時より上達!指揮者のリズムから外れても最後はぴたり!

2年生合唱合奏「トトロの世界」……大きな声で歌ったあとはジブリの世界をいろいろな楽器で…リズムのある演奏でした

1年生歌物語「おおきなかぶ」……会場からはお兄ちゃん!○○○ねえ! がんばってーとかわいい応援が!

うんとこどっこいしょ!力をあわせて大きなかぶが抜けました。とてもかわい演技でした。

5,6年生劇「命をいただく」……5,6年生は2学期にであった本…命をいただくの劇にチャレンジしました。

坂本さんのおもい…そしてみーちゃんの鳴き声に会場は涙!「命をいただく」…また今日も食について学びました。

 

後半は体育館でかるた大会を行いました。

今年も子どもたちが、野上の自慢を「五七五」の読み札にし、取り札の絵を作成しました。子どもたちのかるたづくりは年々上手になっていると評価を受けましたのがみの情景がよくわかる句がたくさんあり、すてきな「野上っ子」の姿もたくさんかるたの句になっていました。

予選リーグは73家族が3回戦をたたかいました。体育館いっぱいに広がって、家族が向き合っての一斉のかるたとりは見応えがありました。そして勝ち上がった16チームで決勝トーナメントを行いました。まわりの家族の応援もあり、一枚とるごとに白熱していきます。大人も童心にもどって真剣になる姿に……親子で声をかけ合う姿も……そんな姿をたくさんカメラにおさめることができました。

体育館に広がって、74家族の対抗戦です。さあ、決勝トーナメントを目ざすぞ!

頂点をかけてさあ決勝戦の開始です。結果は23対21で……

 

1家族3人の対戦です。よく見てかるたの位置を覚えます。

向こうまで見通せますね

さあ集中しています……

あっ、あったーー!

最後は参加者全員で集合写真を撮りました。みなさんお疲れさまでした!とても楽しかったです。

(追伸) ここのえ夢テレビの取材をうけました。全員で「いえーーーい」のかけ声も出しました。