のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 学校だより > 社会見学(6年)

学校だより

社会見学(6年)
2016年05月13日

九重の小学校6校で吉野ヶ里遺跡の社会見学を行いました

12日(木)、九重町6校の6年生連合で、吉野ヶ里遺跡の社会見学に向かいました。野上小は野矢と南山田の子どもたちと同じバスに乗車しました。これから1年間一緒になることがたくさんあります。どうぞよろしくお願いします。

集合時間もしっかり守れたので予定通りに吉野ヶ里に到着しました。そして、公園入り口で結団式を行いました。この社会見学をはじめとして、集合学習や修学旅行と6年生の交流がはじまします。初回は70名が約束にしたがって集団で行動できることを目標としました。

体験活動の勾玉づくりは児童はとても興味深く真剣な表情で作業に取り組んでいました。完成形に近づく勾玉をいつまでも紙やすりでみがいている表情が印象的でした。きっとおうちの方に自慢げな顔で見てもらったのことでしょう。とても暑い一日でしたので、テントの下での作業ができたのでよかったです。    

みんなでなかよくお弁当を食べた後は学級担任の説明で公園内を見学しました。北内郭入り口では特に念入りにつくられた柵を見て、当時の人々の知恵や工夫に驚いていました。主祭殿の2階は王やリーダーが集まっての政治の場、3階は祖先の霊のお告げを聞く場と説明を受けました。北墳丘墓の中に入り本物の甕棺を見学しました。中はとてもひんやりしていて独特のにおいがします。施設内を保存していく薬剤のにおいであると聞いて、文化財の保存の大変さがわかりました。高床倉庫のネズミ返しを見た後は実際に環濠におりてみました。環濠壁のぼりにチャレンジする子どももいました。成功をした人は得意げな顔……一番の思い出になったようです。南内郭に戻り、物見櫓から遠くを眺めてみました。山並みが遠くに見えるのは玖珠では体験できません。子どもたちにとってはとてもよい体験になったようです。