のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 学校だより > 大かるた大会

学校だより

大かるた大会
2016年02月01日

3学期はなかよし集会で「のがみ自慢かるた大会」をひらきました

 29日(金)、集会の時間に児童会企画のなかよし集会を開催しました。今回はたてわり班で「かるたとり」を行うことにしました。2学期に自分たちで読み句と取り札を作成した「のがみ自慢かるた」を使っての競技になりました。

これまで昼休みを使って、たてわり班でかるたとりの練習を重ねてきました。その成果のあらわれか、上の句を読み始めるとほぼ同時に、かるたを取る音が響きます。読み手も次々と読み札を読み上げ、3分で44枚をほぼ読み上げます。そして、取り札数を集計して場所を入れ替わり次の対戦を始めます。運営委員の準備もよく、スムーズに会が流れていきました。

縦割り班総当たりを行い、全部で7試合を行いました。かるたに集中する静かさと、かるたをとれたときの歓声が交互し、大変楽しい会となりました。結果を見ると、1位から8位までの差があまりないのは、練習の成果と子どもたちが一生懸命に頑張っていた結果だと思います。

見事1班が優勝、おめでとう!  

運営委員がかるた大会の説明をしています。説明がとてもわかりやすかったです。

一組のかるたに対して2人ずつ向き合います。さあ、始めるよ……

読み手の声を静かに待っています。「秋だよと……」、……バッシッ!

たてわり班のかるたの獲得総数にあまり差はありません。

これから閉会式です。1位から3位まで表彰されました。

「第1位…1班 あなたたちの班は……」 優勝おめでとう!