のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 学校だより > 5年生が「もち米」づくりに挑戦!

学校だより

5年生が「もち米」づくりに挑戦!
2013年10月08日

たわわに実った「もち米」の刈り取りを行いました

10月4日(金)、5年生が学校前の田んぼで「稲刈り」の体験を行いました。みんなで植えた苗は4ヶ月間ですっかり黄金色に実りましたった。そのもち米は今が収穫時です。

 

これまで指導にあたっていただいたゲストティーチャーのお世話で早速稲刈りです。5年生の保護者の方々も手伝いに集まっていただきました。子どもたちが刈り取り、お母さんがそれを束ねて、最後にみんなでかけぼしにかけました。みんなの協力で予定した時間より早く終えたようです。お疲れ様でした。

 

inekari3.JPG inekari2.JPG inekari1.JPG

 

田んぼにしっかり足をおろした「かけぼし」は台風24号の風で倒れることもなくしっかり耐えました。秋の日差しで稲穂は乾燥していきました。そして、子どもたちは「かかし」を製作して田んぼの四方で見張らせました。そのかいもありスズメの攻撃を受けずにすんだようです。

 

18日(金)は保護者の方々に手伝っていただいての脱穀作業です。子どもたちは手際よくわら束を運んでいき、おじいちゃんが脱穀機へ!みるみるかけぼしが片づいていきました。稲穂の実りも良く、終わってみると4.5袋の「もち米」を収穫することができました。11月17日の「餅つき」が楽しみですね!

 

これまで、いろんな形で協力をしていただいた地域のみなさまありがとうございました。

 

dakkoku1.JPG dakkoku2.JPG dakkoku3.JPG

 

 

田植えの準備がすっかりととのいました

今年も5年生が総合的学習の時間を使って、もち米づくりに取り組んでいます。4月から11月まで、田おこし、みずとり……稲刈りまでたくさんのことを学ぶ予定です。いよいよ、7日(金)の田植えの日が近づいてきました。満々と水を張った田んぼにもち米の苗も準備され、いよいよ子どもたちの手によって苗が植えられます。

ところで、これまでに、たくさんの地域の方々に協力をしていただきました。

・学校の目の前の田んぼを貸していただいています(他の学年も、野菜づくりに取り組んでいます)

・堆肥を軽トラで運んでいただきました

・田おこし、あぜぬりを機械でやっていただきました

・水を張って、しろかきをやっていただきました

このように、野上小学校の子どもたちの活動は、地域の方々・保護者の方々に支えられています。

「ありがとうございます。そして、学習にがんばります!」 「美味しいもち米が収穫できますように」

さあ、みんなで田植えにがんばるぞ!

 taue7.JPG      taue2.jpg

nae1.jpg       nae2.jpg

 

6月7日(金)、いよいよ田植え当日がやってきました。梅雨の合間のとても良い天気!地域の方々も応援にやってきていただきました。「田植えひも」をはって、みんなで並んで手植えをしました。時々横を見てみると、なかなかまっすぐにはならないものですね。

「ぼくは田植えは初めてだったけど、うまくできたので良かったです。おいしいお米になってほしいなと思いました。とても楽しかったです」

「今日、5,6時間目に田植えがありました。ぼくは2回目でした。植えるときはとっても楽しかったです。あと服があまりよごれなくて良かったです。おいしいもち米になるように願っています。」

taue5.JPG taue6.JPG