のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 学校だより > 秋本番!かるたづくり始まる

学校だより

秋本番!かるたづくり始まる
2015年10月05日

秋本番!「のがみ自慢かるた」づくり始まる

 

11月15日(日)に開催する地域ふれあいフェスティバル。その中での「のがみ自慢かるた」大会に向け、今年もかるたづくりがスタートしています。

子どもたちは、今年担当する読み札の文字を決め、夏休みには野上の自慢探しに取り組んできました。そして、今年のかるたの読み句を完成させる時期となり、5日(月)に地域の方より「川柳」の作り方を教えていただきました。素直な気持ちを五七五の文字に現すこと、字余りがあってもよいけれど最後は5文字にすることと説明を受けました。大分県のジュニア川柳も紹介してもらい、「秋」というお題で川柳づくりにチャレンジしました。たてわり班での交流のあと、その代表作が紹介されましたが、年々レベルがあがってきています。なるほどとうなるものから、ほほえましいものまでいろいろな句が紹介され、とても楽しい1時間となりました。

その中から、2つの作品を紹介します。

『 あおやさん あきになったら てれている 』   『 あきやすみ あったらいいな ゆめのなか 』

 

「のがみ自慢かるた」づくりは、このあと子どもたちが読み句を完成させます。そしてそれに合わせた下絵をつくり、20日(火)に取り札の絵を完成させます。今年はその制作に芸術短期大の学生さん30名の協力をいただきます。どんな作品になるかがとても楽しみです。保護者の方々も時間が許せば是非ご覧になって下さい。

地域ふれあいフェスティバル本番に向け、今年も地域の方々の参加を増やそうと取組をすすめています。

「卒業生の保護者とのつながりを続けていくことが、地域との連携の第一歩」という考えから、今回は卒業生(緑陽中1年生)と保護者にかるた大会の案内を発送しました。是非かるた大会の先輩(経験者)として大会を盛り上げて下さい。

秋本番!衣替え。 今朝の気温は14℃、子どもたちの服装は長そでになってきました。(5日朝撮影)

秋本番!紅葉はじまる。 大船山頂、御池周辺ははやくも紅葉がはじまっています。(4日撮影)