のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 学校だより > 地域ふれあいフェスティバルを開催しました

学校だより

地域ふれあいフェスティバルを開催しました
2014年10月21日

地域ふれあいフェスティバルを開催しました

 

11月19日(日)、野上小地域ふれあいフェスティバルを開催しました。体育館の改修工事のため、今年は九重文化センターをお借りしての開催となりましたが、来賓の方々や、保護者やそのご家族の方々、地域の方々にたくさん集まっていただきました。開会行事では、「野上自慢大賞」(かるたの読み句)10名の表彰を行いました。今年は保護者も作成に参加したので、保護者の方々も4名受賞をしました。おめでとうございます。


発表の部の最初に、教育文化祭に向けて練習をしている話し方の発表と3,4年生の合奏・合唱の発表でした。緊張せずに大きな声を出して発表してくれました。文化祭当日もがんばってください。

つづいて、各学年の群読の発表と全校で音楽物語の発表を行いました。みんなで声を合わせたり、言葉を重ね合わせたりと、各学年とも工夫させたる発表になりました。各学年とも大舞台での発表で少し緊張したところもありましたが、さすが6年生の発表は聞き応えのあるものになりました。

 

児童発表の最後に音楽物語「ともだちや」を全校児童で歌いました。「友だちはいりませんか~」と1時間100円でともだちやを始めたキツネが「本当の友だちとは…に気づいていくステキな物語でした。みんなの元気な声が会場のみなさんに感動をとどけたことでしょう。

 

 

2781-2.jpg

エントランスに掲示された88枚のかるたの原画です。

 

2788-2.jpg

のがみ自慢大賞の表彰状を受け取りました。しっかりした姿勢で待てています。

 

2800-2.jpg

3,4年生の合唱です。「ふるさと」のきれいな歌声が響きわたりました。

 

2807-2.jpg

1年生「おおきなかぶ」…うんとこどっこいしょ! とてもかわいいかったよ。

 

 

2808-2.jpg

6年生「枕草子」「教室はまちがうところだ」の群読。さすが6年生、みんなのあこがれです。

 

2809-2.jpg

全校音楽物語「ともだちや」…会場のみなさんに感動をあたえたかな?

 

 

 

後半は体育館でかるた大会を行いました。

 

野上の自慢を「五七五」の読み札にし、取り札も上手に作成しました。かるたづくりも3回目を迎えますが、今年のかるたを見て昨年からの変化を感じました。それは、地名などが入っていないけれど、よく読んでみると野上の風景が浮かんできました。また、いつもの風景でも季節の移り変わりを感じる句もありました。そして、野上の元気な子どもたちの様子も表現されていました。

 

体育館でのかるた大会は16パートに分かれて3回の予選リーグです。64家族が体育館いっぱいに広がり、家族向き合っての一斉対戦は見応えがありました。大人も子どもに遠慮をせずに真剣になって楽しんでいる姿や親子で協力し合うほほえましい姿をたくさんカメラにおさめることができました。

 

後半はベスト16による決勝リーグがはじまり、かるた大会の頂点を目指してました。自分のパートの代表家族を応援し、一枚とるごとに拍手の輪ができまいた。会場の一体感を感じられた瞬間でした。

このかるたづくりを続け、子どもたちが作ったかるたを地域の方々みんなで取り合う、そんな地域ふれあいフェスティバルができればと思いました。

 

2722-2.jpg

縦割り班で協力して取り札の作成をしました。段ボールや色紙、テープや毛糸などを使って立体感を出しました。

 

 

2815-2.jpg

予選リーグ。家族3名ずつで対戦しました。最初は少し遠慮がちまな?

 

 

 

2842-2.jpg

現在、体育館では準々決勝が行われています。自分のパート代表を応援しています。がんばってー

 

 

2858-2.jpg

今回作成した「のがみ自慢かるた」です。40組作りました。学級でもかるた大会ができるよー

 

 

2836-2.jpg

「るんるんるん……」  お兄ちゃんが「る」を見つけて動いたのか少しぼけていますね。

 

 

2851-2.jpg

今回、かるた大会の頂点を射止めた家族です。優勝メダルとかるたをもらって、とてもうれしそうでした。