のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 学校からのお知らせ > いいパスのため、心を通じ合う

学校からのお知らせ

いいパスのため、心を通じ合う
2018年09月10日

県小学生スポーツ交流事業の一環で「小学生人権サッカー教室」がありました。大分トリニータから福森選手、國分選手とトリニータのスタッフ、日田人権擁護委員の方々が来校し、6年生と交流をしました。
 
プロ選手を前に、最初は緊張していた6年生でしたが、一緒にミニゲームで汗を流すうちに打ち解け、選手・スタッフチームVS6年生チームの対戦では、楽しくゲームをしていました。さすがにプロ、1対大人数でも華麗なボールタッチで次々と子どもたちを抜いていっていました。
  
ゲームの後は交流会をしました。最初に人権擁護委員の方から「チームワークはお互いを尊重するところから生まれてくる。スポーツだけでなく教室でも友だと心を通じ合ってほしい。」というお話がありました。その後、選手への質問に答えていただいたり、1,2年生もやってきてサインをいただいたり、給食も一緒に食べました。
  
 
福森選手から「大丈夫!すべてはうまくいっている!!」という言葉、國分選手からは「最大の味方は努力!!」と書いた色紙とサッカーボールを学校にいただきました。今日は子どもたちにとって貴重なよい体験となりました。
現在、J1昇格に向けてトリニータは終盤戦を戦っています。選手、スタッフの皆さん、がんばってください。子どもたちも応援しています。