のびる がんばる みとめあう 笑顔の野上っこ

HOME > 児童会活動 > みんなで燃えた「にこわく集会」

児童会活動

みんなで燃えた「にこわく集会」
2013年06月18日

児童会企画の『にこわく集会』(Sケン、パックスカイツリー)

今年もたてわり班(1~6年、8班)を組織して、清掃をはじめとしていろいろな活動に取り組んでいます。その活動の一つとして、児童会役員は「にこにこわくわく」をキーワードに、たてわり班で協力して行える活動を企画しました。それが「にこわく集会」です。

今回は2つの活動に取り組みました。

○「パックスカイツリー」…牛乳パックを輪切りにしたジェンガをみんなで協力して高く積み上げる。

○「Sケン」…両端に分かれた陣地からS字の道をケンケンで敵陣をめざし、ジャンケンで相手を倒していく。

役員が早い時期から準備をし、全校の子どもたちがルールを理解していたこともあり、次第に体育館内は熱気にあふれてきました。上級生の班長が全体に気を配り、あたたかい声かけもあり、最後は大歓声の中でゲームを終えることができました。

たくさんの子どもが前に出て感想発表を行いました。みんなに共通していたのは「またやりたい」という気持ちがでていたことでした。

パックを輪切りにしてくれた5,6年生。企画・準備をしてくれた児童会役員。班員をリードしてくれた班長さん。そして、最後まで頑張った子どもたちに拍手を送って、「にこわく集会」を終えました。

nikowaku2.jpg     nikowaku1.jpg

「今日、初めてにこわく集会がありました。パックスカイツリーでは、いろいろな工夫をしてみんなで集中して、パックジェンガを高く積み上げることができました。次にSケンをしました。ケンケンの早さとジャンケンの強さが必要なので、とても難しかったです。この活動で、これからも班のみんなと、もっと ”きずな” が深まると良いです!」