HOME > 学校からのお知らせ > APU1日体験留学(5,6年生)

学校からのお知らせ

APU1日体験留学(5,6年生)
2019年07月01日

 6月26日(水) 5、6年生56名が、別府市十文字原にあるAPU(立命館アジア太平洋大学)で、1日体験留学を行いました。この日高台にあるAPUは、すごい霧におおわれた状態でした。そんな悪天候をものともせず子どもたちはキャンパス内を思い思いに巡り、学校で学習した英語で、たくさんの留学生にインタビューを試みていました。「最初緊張したけど、だんだん慣れてきて楽しかった」「自分の英語が通じ、みんな優しく答えてくれて嬉しかった」「留学生は自分の夢を持っていてすごいと思った」等々、子どもたちは笑顔でたくさんの感想を話していました。この体験をきっかけに、さらに学校での外国語活動や国際理解の学習に生かしていきたいです。

霧のキャンパスの中、留学生を見つけて果敢にインタビューを試みる子どもたち。”May I have your name?" 20人以上の留学生と話したグループもありました。 中国、ブルガリア、タイ、インド、韓国、マレーシア、東京出身の7人の大学生と交流しました。その国の食べ物や文化の話を聞いたり、故郷杵築の自慢を英語で伝えたりしました。 最後に霧のAPUで集合写真を撮りました。APUには6000人の学生がいて、そのうち半数の3000人が世界80カ国から留学生として来ていることも知り驚きました。学食でもいろいろな国際色豊かな料理があり、また今度はそんな料理も食べたいです。