HOME > その他の活動 > 本校の読書指導・読書活動

その他の活動

本校の読書指導・読書活動
2018年11月29日

平成30年度の取り組み(11月29日現在)

読書量は、本年度も一人平均100冊以上を目標に取り組んでいますが、現在もうすでに突破している子もたくさん出ています。読書好きの児童にするために、学校司書の浅井さんや図書主任の先生や図書委員会の児童の様々な取り組みがなされてきた結果だと思います。秋の読書週間の取り組みを少し紹介します。

秋の読書週間では、読書トライカードの取り組みをしました。下のようなカードを各学年部ごとに一人一枚ずつ配り、縦横もしくは4つ以上のジャンルで本を読もうと呼びかけました。もし、条件をクリアーするとシールをもらえるのと同時にくじを引いて、あたると1~4冊余分に借りることのできるカードをもらえます。子どもたちは、一生懸命にチャレンジしていました。

低学年用               中学年用             高学年用

    くじ引きボックス            プラス券             ある子のカード

子どもたちは、自分の好きなジャンルの本を中心に読む傾向があるので、いろいろな本を読んでもらいたいとの願いで、この取り組みをしています。結果、「え~、この本面白い!」等、いろいろな本を読むきっかけになったようです。

また、今、朝日小学生新聞の「天声こども語」を読もうという取り組みもしています。今日は大谷翔平選手の記事についてでした。子どもたちは、こども頃から好きなことが仕事っていいなあと言う言葉に共感していました。

11月20日(現在)

図書委員さんによる読み聞かせがありました。ジャンボ絵本による読み聞かせで、みんな真剣に聞いていました。

このジャンボ絵本は市立図書館から借りてきました。市立図書館が貸してくれるので、助かります。学校にもほしいけど、結構高いので、なかなか手に入りません。

【読書状況】

 読書量調査.pdf

  一度読んでみておもしろかった本のシリーズや同じ作者の本を読むなど,読書の幅が広がってきました。今年の読書量は一人あたり

 約165冊でした。

【読み聞かせ】 

 本年度も毎週木曜日の8:20~8:35の15分間,読み聞かせサークル「スマイル」や保護者有志の皆さんが行って下さいました。最終日の

 3月24日(6年生は3月17日)には,各学級の代表が児童一人ひとりのメッセージを添えて,御礼を言いました。「スマイル」そして保護者

 有の皆さん,今年もありがとうございました。

 

  <3学期> http://syou.oita-ed.jp/kitsuki/yasaka/guide/vol.2.html

 <2学期> http://syou.oita-ed.jp/kitsuki/yasaka/guide/vol.1.html