HOME > 校長室より > 学校評価の考察(児童アンケートより)

校長室より

学校評価の考察(児童アンケートより)
2015年09月17日

本年度の学校経営の重点を4項目(最重点2項目、重点2項目)を設定しています。

☆最重点1は、基礎基本の定着(かしこく)

          〇達成指標は国語算数の単元テストの目標値を80%の児童が達成する。

          〇杵築市、大分県、全国の学力診断テストで偏差値50を達成する。

☆最重点2は、ふるさと学習の推進(地域連携)

          〇学校評価アンケートで連携できたと答えた割合を80%以上にする。

☆重点3は、お互いのよさを認める場の設定(あかるく)

          〇生徒指導の3機能を意識した授業の推進

          〇児童会や体験活動の充実

☆重点4は、体力向上の取組の推進(たくましく)

          〇屋外での体力づくりの推進(もりもりタイムなど)

          〇早寝・早起き・朝ご飯等家庭との連携

1学期は7月に児童アンケートをとって、夏季休業中に分析して2学期以降の取組を具体化する

手立てとします。1学期の児童アンケート結果と考察をお知らせいたします。

H27児童アンケート1学期.pdf