HOME > 校長室より > 本年度の学校経営の最重点について

校長室より

本年度の学校経営の最重点について
2015年05月27日

本年度の学校経営の最重点は2項目を設定しています。

1 重点目標  (1)  基礎・基本の定着

              ①達成指標として

                 〇国語と算数において単元毎の評価で、、目標値を80%の児童が達成する。

                 〇市、県、全国の学力テストで基礎内容の全項目が偏差値50をクリアする。

                                      ↓

                            ・授業改善を行う(授業過程での説明の場の工夫)※発表の場

                            ・学習のまとめと振り返りの徹底

                            ・ぐんぐんタイムの活用(基礎学習の復習)

                            ・家庭学習時間の確保と保護者の方の支援・声かけ(最低時間:学年×10+10分)

                            ・読書の活用(図書館利用の向上):一人年間最低20冊借りる。

         (2)  ふるさと学習の推進

              ①達成指標として

                 〇学校評価のアンケートの項目で地域連携できているとの評価の割合を80%以上になる。

                            ・学期に1回は地域人材の活用(支援をお願いする)

                            ・お年寄りの手紙を書いて学校の様子を知ってもらう。

    

          このような取組を中心に本年度経営を行います。児童が全校で35名で、少人数であるからこそ個人の特性に沿った

         支援方法を工夫して学力の定着や向上を目指します。