学校からのお知らせ

防犯教室
2020年11月13日

 

 

 

 11月13日(金)の3校時,杵築日出警察署から 西野様 渡辺様 高木様 橋本様の4名の方々に来ていただき,防犯教室を行いました。凶器を隠し持った不審者が保護者を装い児童玄関から侵入してくるという設定です。不審者に扮した警察官に第1発見者が声をかけ,職員室に連絡したのち,教職員で分担して緊急放送をし,児童をベランダから体育館に避難させます。同時に110番通報し,さすまたを使用して不審者を追い詰め,駆けつけた警察官により不審者が身柄を拘束されるという流れです。

 その後,体育館で不審者対応について児童代表も実際に体験しながら警察の方からお話をしていただきました。最初に不審者に遭遇した場合,先制攻撃として大きな声であいさつをする。「お菓子あげる,かわいい犬見に来ない?,サッカーや野球がうまくなれるよ,かわいいねえ,モデルにならない?ゲームしようよ,一緒に来ない?,守江郵便局知らない?,近くのコンビニにつれてって」などの声をかけられた場合,「いやです。行きません。」とはっきりとことわる。そして,大人を相手にどれぐらいの距離があれば逃げられるかを確認しておく。不審者との距離をとり,近づいてきたらその分逃げる。走って逃げるときに,「助けて」などの大きな声を出し,何かあったんだなと周りの人に気がついてもらうとのことでした。最後に3つの大切なことを確認しました。1 先生やお家の人の言うことをよく聞く。 2 「イカのおすし」を守る。 知らない人についてイカない 知らない人の車にらない おごえでさけぶ ぐに逃げる 大人にらせる 3 こども連絡所という黄色いステッカーを貼っている家に連絡する。

 最後に,児童の代表者が,「今日の防犯教室で学んだことは,不審者と距離をとって大声を出しながら逃げることです。命を守るために対応していきたいです。」という感想を発表しました。児童も教職員も学ぶことの多い1時間でした。杵築日出警察署の方々大変ありがとうございました。