HOME > 学校からのお知らせ > 第2回学校運営協議会

学校からのお知らせ

第2回学校運営協議会
2020年10月23日

タイムラインをつくる 大分県防災活動支援センター 主任研究員 川村正人氏

  

 8月21日(金)に,令和2年度杵築市立護江小学校コミュニティ・スクールに係る第2回学校運営協議会が行われました。本校の学校運営協議会は,平成29年の8月に立ち上げ,本年度で4年目になります。話し合いのテーマは,「防災・減災~地域を守る,子どもを守る~」で,3年間継続しています。今回は,大分県防災活動支援センター 主任研究員 川村 正人氏に「タイムラインをつくる」というタイトルで講演をしていただきました。タイムラインとは,「いつ,だれが,何を」を時系列で整理したもの「時間を追って整理した行動計画表」である。①目安と見通しをもつ。②リアルタイムの情報をキャッチし,判断する。③情報・判断を周知する。④解除,終わった後の周知を行う。タイムラインの中に,地元の情報を入れることもできる。過去の被害を参考にするとよい。一度策定した「タイムライン」は,検証・改善を繰り返して,練り込んでいくとよいなどの貴重なお話をしていただきました。杵築市役所危機管理課 萱田 哲志氏からは,雨量を指標とするよりも,「土壌雨量指数」を目安にしてはどうか。「土砂災害警戒情報」は強く警戒すべきであるというご意見をいただきました。今後のとりくみにいかし,豪雨期の児童の安全対策を完成させ,教職員はもとより,保護者,地域の方とも共有を図っていきたいと考えています。協議のあとは,新しくなった学校給食センターの給食を試食しました。