HOME > 学校経営 > 学校経営

学校経営

学校経営
2011年09月09日

都築小学校 学校経営方針     平成23年度

1 学校経営の根幹

 憲法、教育基本法、学校教育法、学習指導要領に沿って、県・市の条例・規則及び学校教育基本方針を踏まえ、生涯学習を見通した中に学校教育を位置づける。そして、個々が夢や願いをもち、学ぶ意欲や考える力を身につけ、社会の変化に対応できる21世紀を心豊かにたくましく生き抜く児童の育成と、地域に根ざした地域と共に創造する活力ある学校経営に努める。

(1)  小規模校かつ複式学級の特性を踏まえるとともに、地域との多様なかかわりを通して、一人ひとりが生き、充実感・成就感を味わう学校経営を推進する。

(2)  学校目標達成のため教職員間の信頼と協調を大切にしながら、組織的な学校経営に努める。

(3)  児童・保護者・地域の声や願いを尊重し、コミュニケーションや交流を図り、学校・家庭・地域が一体となった特色ある学校づくりに努める。

(4)  教材・教具、施設・設備の充実を図ることに努め、整った教育環境の中で、活気あふれる学校づくりを目指す。

2 学校経営方針

(1)学校教育目標   

   「郷土を愛し、自ら学び実践する、心豊かでたくましい子どもの育成」

本校は小規模校ゆえに、生活に密着した数多くの体験活動が可能である。この日田大山都築の自然や人との関わりを通して地域郷土を愛する心を育てる。地域からも学校のためには多くの協力が期待できる。この恵まれた郷土との関わりを通して児童の育成をしていく。さらに「生きる力」である知・徳・体のバランスのとれた子どもの育成を目指す。

(2)めざす子ども像

1かしこい子(知)          2やさしい子(徳)         3たくましい子(体)       <生き抜く知恵>         <共尊共生>          <生き抜く体力・気力>        ・夢や目標をもつ        ・明るいあいさつをする       ・チャレンジし、得意を伸ばす      ・進んで学び暮らしに生かす ・自他の良さを知り大事にする  ・最後までやり通す          ・学習規律・基礎基本の習得 ・助け合い支え合う・咸宜園教育 ・清掃・勤労に励む          ・聞き読み取り自己表現する ・感謝、奉仕、ボランティア     ・元気に遊び体を鍛える      ・課題解決、活用する      ・地域や自然に学び親しむ    ・早寝早起き朝ごはん       ・読書する子            ・善悪の判断でき行動する     ・健康・安全に気をつける
 

(3)めざす学校像 

「夢いっぱい      やさしさいっぱい       元気いっぱい」

  1 目標を持ち高め合う学校   2 心豊かでやさしさあふれる学校   3 元気いっぱいの学校

(4)めざす教師像

 ○ 教師としての使命感と責任を自覚し、研鑚を重ね、創意・工夫・実践する教師

 ○ 個々の児童理解につとめ、師弟同行の精神で夢に向かって突き進む教師

 ○ 広い視野と識見を持ち、児童・保護者・地域に信頼・尊敬される教師

 ○健康と安全に心がけ、報連相確認で組織力を高め、明るい職場づくりに努める教師

  教材・教具の工夫・開発    手本になる挨拶・言動をとる     夢・目標を持つ

  わかるできる授業の工夫    人権意識を高める・咸宜園教育   優しさと厳しさを持つ

  個を大切にした指導       郷土愛・国際感覚を確立       情報発信をする

 

3 今年度の学校経営の重点

(1)自ら学び 思考・判断し、学びをくらしに生かす学習指導の充実(知)

  ※新学習指導要領に基づいた教育課程の推進

  (道徳教育・言語活動・理数教育・伝統や文化・体験活動・外国語活動・情報活用・モラル・環境、家族と家庭、消費者、食育、安全に関する学習等の充実)  

  ○基礎・基本の習得・定着○体験や課題解決学習による活用・探究 ○表現力の育成

   *授業の充実 :目標の明確化、一時間完結型授業、板書の構造化・板書とノートの一体化

   *補充学習の充実(ドリルの時間10分・金曜6限・家庭学習(放課後学習教室))

   *家庭学習の充実(家庭・地域との連携、読書)

   *言語力・表現力・読書・・・授業や生活、校内研究・ひびき朝会・読書朝会・朝活・家読

   *場の保障=体験的な活動・課題解決学習・思いを伝え、発表する場、振り返る場(学びのノート)

(2)豊かな心で自立を目指した生活指導の充実(徳・体)  

 ○地域・人・行事との関わり・交流学習(質の向上)・・・体験活動・道徳を通し豊かな心  

 ○あいさつ・言葉使い  ○目的意識と自主的・実践的な態度 

  ・郷土を知り、愛する心を育てる。関わりを大切にし行事へ参加する。

  ・あいさつ・言葉づかいで人との関わりを深める。

  ・伝統を大切にし、さらに発展させる。(梅・一輪車・地区と合同運動会)

  ・自然体験、郷土学習を充実・発展させる。(野菜花づくり・自然・地域教材・先哲学習等)

 ○基本的生活習慣・態度の確立

  ・一日の生活リズムを整え(早寝・早起き・朝ごはん、洗顔・歯磨き・排便の習慣化、学習時間の位置づけ)、体づくりをする。 ・「時を守り・場を清め・礼をただす」

(3)  保護者・地域・関係機関との連携で信頼される学校づくり

    保護者連携:育友会テーマ:あいさつ・生活習慣・食・学習習慣・読書

    地域協育・共育:資源(人・自然…)活用、安全確保、学校評価

    学校開放・情報発信:開放日、学校評議員、学校・学級便り・学校ホームページ…

    各種機関との連携強化

(4)  学校組織運営の充実 :組織力強化

 ○  教職員の「和」を大切にし、共通理解し支え刺激しあい、組織的に学校目標の具現化を図る

   報連相・確認、 一歩先を見て。

  ・  校内研修(授業・生徒指導・IT・服務…)研修・・・校内研究・互見授業・研修…

  ・  分掌研修、自主研修、教職員評価申告目標