HOME > 学校からのお知らせ > 7月3日以降の登校時の安全対策について

学校からのお知らせ

7月3日以降の登校時の安全対策について
2019年07月02日

 梅雨前線の停滞により,天気予報では今日7月2日(火)から明日3日(水)にかけて,「所によって雷を伴って激しい雨が降る」とされています。6月29日(土)の降り始めからの雨量(累加雨量)は,都築雨量観測所で101㎜,湯ノ見雨量観測所で136㎜(2日午前11時現在)となり,今後短時間に激しい雨が降れば,大きな土砂災害が発生することも予想されます。

 このような豪雨に備え,いつま小学校では「豪雨期の児童の安全対策」を定め,保護者の皆様と対応を共有してまいりました。今回予想される豪雨に対してはこの安全対策に沿って対応するとともに,登校時の豪雨には下記のように対応します。 

1 登校時の対応

(1) 朝6時の時点で「警戒レベル3:避難準備…」が発令された場合は一時登校を見合わせることがあります。

(2) 「警戒レベル4:避難勧告・指示」が発令された場合や,都築・湯ノ見いずれかの雨量観測所のデータが時間雨量50㎜以上,累加雨量200㎜以上の場合は,臨時休業として各家庭の避難を促す場合もあります。

(3) (1)(2)の場合は,6時30分までに緊急連絡網並びに学校配信メールで連絡いたします。

(4) 保護者の方や地域の方が「登校すると危険である。」と判断された場合は,無理に登校せずに自宅学習としてください。その場合7時までに学校並びに登校バスの運転手までご連絡ください。自宅での過ごし方を担任から連絡します。

 

2 登校後の対応

(1) 「豪雨時の児童の安全対策」に沿って,対応します。その都度,学校配信メールにて連絡いたします。

(2) 個別引渡しで学校に来られる際は,可能であれば事前に連絡をお願いします。

(3) 「豪雨時の児童の安全対策」はいつま小学校ホームページ>防災リンク集からもご覧になれます