HOME > 学校からのお知らせ > 着衣泳授業

学校からのお知らせ

着衣泳授業
2018年07月19日

 1学期もあと少し,プール授業の最後は着衣泳。

 水の事故に遭遇した子どもは,大人より命にかかわる事故となる確率が低くなる。それは着衣泳のような緊急の場合を想定した訓練をしていることが一因。今年も夏休みを前にして中学年以上で実施しました。

 水着の上に冬用の体操着を着て説明を受け,まずはそのまま泳いでみます。服がまとわりついて動きにくい,泳ぎにくいことを体感。よって,そのまま泳ぐと体力を消耗して沈んでしまう。そこで大切なことは,「UITEMATE(浮いて待て)」。空気を胸一杯に吸い込み仰向けで静かに浮き,助けが来るのを待つ。全員でその練習をしてみました。頭を耳まで浸けないと沈んでしまいなかなか難しいですが,かなりの子どもたちができるようになりました。

 水の事故には十分注意をして楽しい夏休みを過ごして欲しいものです。

 水の中の子どもたちからプールサイドに視線を移すと…あまりの暑さに耐えられない見学者が,バケツに頭を突っ込んでいました。びっくり。これ,「やらせ」ではありません。