「夢いっぱい」・「アイディアいっぱい」・「笑顔いっぱい」・「元気いっぱい」の学校

HOME > 学校の風景 > 不審者対策 避難訓練

学校の風景

不審者対策 避難訓練
2014年12月11日

12月10日(水)2校時に、不審者対策の避難訓練を行いました。

4年生の教室に不審者(警察署員が扮して)が侵入し、担任が児童を教室から逃がしている間に駆け付けた職員が取り押さえるという本格的な訓練でした。

他の学年・学級の児童は担任と一緒に教室に施錠をして避難していました。

そのあと、全員が体育館に移動して、別府警察署生活安全課の方から、不審者から身を守るためのお話を聞きました。

 

◎不審者は、見た目では判断できない。(イメージや服装で判断しない)

◎自分の名前を呼ばれたから知っている人だと思って安心しない。(名札や持ち物で名前がわかる場合もある)

◎声をかけられても、知らない人には近づかない。(両手分以上の距離をとる)

◎助けを求める時や逃げる時は、人のいる場所を選ぶ。(コンビニやお店など)

◎止まっている車やゆっくり後をつけてくるような車には注意する。

◎家で一人で留守番している時には、人が来てもドアは開けない。相手をしない。

◎「いかのおすし」をいつも心がける。

 

ご家庭でも、繰り返し話をしてください。常に意識することが大切です。